連動

むちゃくちゃいい感じの春の陽気です。

 

東京は桜満開だというが、関西はまだ蕾のところがほとんど。

しかし、今日から一斉に咲きだすでしょうね。

 

さて、ブログ更新率が一向に上がらない自分に嫌気がさしますが・・・

悩みに悩んで、フェイスブックと連動させることにしました。

 

みんながFBをやっているわけではないですもんね。

 

なので、FBに書いたものをこちらにも載せてまいります。

 

では、過去にさかのぼりますが、どうぞ。

 

{3月14日}

Queen Elizabeth!
クイーンエリザベス!!
2年前からキャプテンに演奏予約してもらってましたので、楽しみにしてました!
やっぱり別格ですね。
旅の安全を祈り、演奏させていただきました!...
キャプテンからエンブレムのプレゼントまで頂き、優一感謝感激。

 

 

{3月21日}

おはようございます。
昨日の大阪公演、サンケイホールブリーゼにお越しくださいました皆々様、まことにありがとうございました!

優一、感謝感激感無量。

...

また階段をひとつ登れたと自負しています。
素敵なメンバー、スタッフ、弟子(番頭はちょっとやらかしてくれたので、愛の説教部屋行き)、そして何より温かいお客様のおかげで、無事終演できましたこと、御礼申し上げます。
大西ユカリさんや若宮テイ子さんも駆けつけてくださいました。
今回協力頂きました毎日放送の谷奥さん、神戸チキンジョージの勝さんも。
本当にありがとうございます!

今後共どうぞよろしくお願い致します!
次回5月14日の桂かい枝さんとのコラボも、むちゃくちゃ楽しみです!
是非よろしくお願い致します

 

 

 

{3月28日}

今日は神戸国際会館で行われた「避難訓練コンサート」にお邪魔しました。
本番中、もし大地震が起きたら!という想定で行われましたが、ほんとに大切なことだと思いました。
うちの事務所は主催から運営まで幅広くやってるので、今日の訓練で意識が高まりました。
チキガリさん、お疲れ様でした^_^
神戸学院大のブラバンも楽しかったです。

 

 

 

{3月30日}

昨夜は師匠の松尾芸能賞の受賞式でございました。
しかも大賞。
賞状を授与される瞬間、舞台袖からジーンときてしまいました…。
写真は風雲メンバーと共に。
素晴らしい一夜に立ち会えて、幸せです。...
もっと頑張らなあかんね…。

 

 

 

{4月1日}

伊賀上野でお仕事。

最近『忍びの国』という小説を読んだところなので、テンション上がります。
戦国の世に思いを馳せながら…。
この小説は夏に映画化されるみたいなので、楽しみです!

 

 

 

 

2017.04.03 Monday

本厄

年が明け、旧暦の正月も終わり、ようやく今年一発目のブログを書くというお粗末さ。

我ながらあきれ返るしかないズボラですが、今年本厄のワタシ。

体調にわずかながら気を付け、人様のご迷惑とならぬよう、真面目に仕事していこうと思っております。

 

さて、年明け早々から本番も色々とあり、そんなに遠出はしてませんが、また新しい出会いに喜びがあったり、

尊敬する方から嬉しい言葉を頂いたりと、いいことたくさんありました。

 

しかしながら、この太鼓打ち稼業は、人生そのものがジェットコースター。

山あり谷ありというのは、当然皆あると思いますが、短いスパンで一回転や急降下がいっぱいあります。

 

 

元々ナイーブなワタシ。

 

 

はい、笑わないように。

 

 

 

ちょっとした悪いことで、ズドーンと結構落ち込んだりします。

わずかなきっかけで立ち直るのも割と早いですが。

まさにジェットコースター。

 

 

こんなハイテクな時代に、わざわざ儲かるはずもない超アナログな音楽の道を選ぶ若者は、

みんなピュアだと思う。

 

そのピュアな気持ちを逆手にとり、そこまで悪意はないにしても、谷底に突き落とすようなことをしたり、言ったりする業界人は、

わんさかいる。業界の人でなくても、関係者の人等も。

ピュアな人間は、その業界人、関係者の思い付きや、ちょっとした発言に、舞い上がり、落ち込み、いちいち一喜一憂しているのである。

 

本厄を迎えた、もう若者とはお世辞にも言えないワタシも、未だにそういったことに一喜一憂している。

 

 

お世話になった方、助けてくれた方への感謝の気持ちは忘れない。

 

しかし、時に怒りをパワーに変えることも必要で、

「今に見とけよ、ちきしょう!」

という根性も必要だと思う。

 

 

というようなことが、ちょくちょくある最近。

 

でも、仲間がいる。

それが最高だ。

 

仲間を大事に、今年もまごころ太鼓で頑張る。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.02.07 Tuesday

Thanks 2016

大晦日。

あっちこもこっちも、ショッピングモールとかは大賑わい。

でも、ワタシが学生の時にバイトしてた地元の市場はシャッター街。

時代の流れとは、誰にも止められない恐ろしさもあるし、我々もそこを何とか生き延びていかねばならない。

こんな商売をしているワタシの2017年はどんな年になるやら。

 

28日に今年最後のレッスンも終えた。

兵庫県尼崎市の楽鼓組さん。

1月7日に10周年のコンサートがあるのですが、ゲスト出演はもちろんのこと、今回は新曲も書き下ろさせて頂きました。

10年前は、ほんとにちっちゃかった子供も、高校生、大学生となっています。

節目のコンサート、是非来てあげて欲しいです。よろしくお願い致します!

 

 

29日には、稽古収め。

 

2016年は、振り返ると本当にいい年だったと思う。

ソロになって5年。

ようやく形になって来た。

 

20年以上もこの業界で這いつくばってきて、それでもなお、悔しいことのオンパレードだが、

今年はそれを覆すぐらい、いや、それ以上に素敵な出会いと、忘れられないステージが沢山あり、実に充実した年だった。

お世話になった方々には、心より感謝申し上げます。

 

 

弟子にも感謝です。

 

彼らは、ワタシの素晴らしい財産だ。

時に寝坊をし、時に忘れ物をし、時に道を間違え、時に髪型で怒られ、時に大ヘマをやらかしてくれるが、

彼らがいなければ、現在の自分は無い。

彼らが時に見せるファインプレーは、頼もしい限りだ。

 

今からカウントダウンのお仕事なので、年越しも彼らと一緒である。

 

さあ、その素敵な2016年がもうすぐ終わります。

今後も小さな階段でもいいから、一つ一つ登っていきたいと思います。

 

皆様どうぞよいお年をお迎えください。

今年一年、本当にありがとうございました。

 

2016年 大晦日 木村優一

 

 

 

 

 

2016.12.31 Saturday