End of June

もう6月も終わりですね。

先日、慰霊の日だった沖縄は早々に梅雨明けしましたが、こちらはようやく梅雨本番です。

 

ブログの更新が全くないというお叱りも、あちらこちらから聞こえてきて…

最近、フェイスブックすらもやっていないこの頃。

おかげ様で、学校公演やその他のイベント出演などで5月から多忙な日々を送り続けていました。

 

 

5月14日は、兵庫県尼崎で「にっぽん太鼓物語」と題したコンサートを行いました。

一部は太鼓だけで、昨年からのシリーズを終え、また新しい内容にしました。

落語家・桂かい枝さんとのコラボ。

かなりの手ごたえを感じることのできた舞台だったので、必ず再演したいと意気込んでいます!

 

その後も、地元神戸のイベントに出演や、ダイアモンドプリンセス号船内演奏など。

神戸まつりでは、ラジオ関西さんのステージにて演奏しましたが、神戸の目抜き通りのステージに立ち、メインストリートを見渡すと、見渡す限りの人、人、人!

我々が演奏すると、ブワーッと沢山の人がステージ前に詰めかけてくれました。

物凄いエンターテナーになった気分を味わえました〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月も、地元でのコンサートやスクールコンサートが沢山あって、心地良い肉体疲労の日々でした。

 

ある小学校の先生から、子供たちの感想文を送っていただいたので、一部をご紹介いたしましょう。

 

「とっても感動しました」

「すごい迫力で、心に響きました」

「また絶対来きてください」

「僕たちの為に、本当にありがとうございました」

「私も皆さんのように、感動を伝えれる人になりたいです」

 

などなど、子供たちの感動が手書きの文章から伝わってきて、ほんとに嬉しい。

 

では、番外もご紹介いたしましょう。

 

「いつまでもプロとして頑張ってください」

「必死の姿に感動しました」

「気持ちが晴れました」

「とても上手だったので、もっともっと練習して、もっと上手くなったら、また学校に来てください」

「すごい。どれだけ練習したのかわからないけど、予想は1年だと思います。まだまだ頑張ってください」

「これまでの苦労が伝わりました」

 

などなど。これからも頑張れという叱咤激励も数多く頂戴いたしましたっ!!

 

実は、、、

ここ最近「ほんまかいな」という出来事に遭遇して、すったもんだしていました。

人の生き様とはなんぞや・・・価値観の違い・・・

こんなことが、まかり通る世の中なのかと、考えさせられることが多かった5月後半から6月。

 

 

子供たちのスタンディングオベイションや笑顔を見ると、本当にやりがいを感じるし、心から嬉しい。

おっしゃる通り、まだまだ頑張らないといけないなぁと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.27 Tuesday

関連する記事