Good experience

いつも冒頭に「ご無沙汰してすみません」と謝っていますが、今回は謝罪しなくていい!

素晴らしい!

 

というわけで、続きへ。

 

 

今回の渡米は、いつもの某日本の航空会社ではなく、初めて某アメリカの航空会社を利用した。

 

シートが硬い。

 

行きしなも、お尻が痛くて目覚めるということが多く、困っていたので、復路は少しだけシートをグレードアップした。

しかし、少しは柔らかい気がしたが、疲労困憊のワタシにはやはり厳しく、痔になったんちゃうか〜と思いました。

結果的には、なりませんでしたけどね。

痔の木村優一には、どうしてもなりたくなかった!

 

それはさておき、帰国した次の日の朝から新幹線や特急に揺られ、エクスタジア出演のため北陸へ行かねばならなかった。

帰って来て3日間ぐらいは、まだ空元気というのもあり、英哲風雲の会のメンバーとして、無事こなすことができた。

むちゃくちゃ久しぶりに会うメンバーもいたりで、夜も盛り上がった。

久しぶりぢゃなくても盛り上がるのだが・・・。

 

英哲師匠、風雲の会メンバーと

 

 

そして、エクスタジアを終えた次の日から、喉の激痛と、発熱、さらには時差ボケ発症という悲惨な状態に…。

丸一日寝込んだというのは、いつ以来だろうか。

高熱が落ち着いてからは、いつものアジトで湯治したりして、なんとなく楽にはなったが、ちょっとしたブツブツができたり、

副鼻腔炎になったりと、全快まで2週間かかった。

 

そして、全快明けの教室発表会。

今回もとても素晴らしい発表会だった。なんというのか、楽しい発表会だったように思う。

緊張や、トラブル。相反して、やり切った清々しさや笑える出来事。

ほぼ1か月近く神戸を空けていた僕にとって、生徒さんのそういった渦に巻き込まれた瞬間、

「ああ、神戸に帰って来たな〜」

と思えた瞬間だった。

 

各教室、もう次の発表会へと動き出しています。

 

しか〜し、、、

この発表会を皮切りに、またまた怒涛の日々が始まるのですっ!!

 

今日はこの辺にしといたろか〜。

 

続く〜

 

2016.08.24 Wednesday

Long time no see

今までも頻繁には書いてこなかったけど、ここまで書かなかった期間が長期にわたったのは初めてかも。

大変ご無沙汰してしまいました。色々思うところがあり、あえて書かなかったというのも実はあったりして。

しかし、ようやく重い腰を上げる気になりました。すみませぬ。。。

 

7月。

今年はしっかりとした梅雨だったような記憶があるが、いい天気に恵まれた香川の多度津公演で幕開けだった。

大地の会メンバーの野中が香川在住ということもあり、実現に至ったこの公演。

しっかりご当地メシを味わい、英気を養って臨んだ。

こういっちゃあなんだが、人口が少ない町である。それでも会場には沢山お客様に入って頂き、嬉しい限り。

アンケートをとった会館の方からも

「大満足のアンケートばかりで、とても嬉しいです」

とおっしゃっていただけた。こちらも大満足の嬉しいコンサートだった。

 

その直後からアメリカへ。

今年も超が付くほどの刺激的な体験の日々だった。

3度目となるミネソタでは、今まで以上に絆が深まり、皆「Kimura Sensei」と呼んでくれる。

滞在中は、人種間の対立による銃撃事件のニュースで持ちきりだった。

星条旗が半旗で掲げられる中、また「大地」をミネソタの人たちと演奏できたことは、本当に意義深いと思う。


ミネソタの皆さんと

 

ブーツのレッドウィング本社・プレスリーと共に。

 

今年はその後、兵庫県の姉妹都市であるワシントン州へ。

実は、ちょっと気が重いことがあった…。

そう、心配の種であった英語のスピーチをしなければならなかった…。

太鼓紹介や、自己紹介などをスライドとともに行っていくのだが、10分以上もかかるスピーチとなった。

結果は・・・

さすが優一ちゃん。とても上手くいきました!

ミネソタで沢山教えてもらってから行きましたからね。

そのスピーチ原稿を考えてくれたのは、兵庫県シアトル事務所でインターンとして働く若干19歳の女の子。

もの凄く熱心な子で、沢山太鼓のことを調べて、本当に素晴らしい原稿を書いてくれた。

来年から京都に留学しに来るみたいなので、是非関西を案内したいと思う。

そして、このスピーチをはじめ、一日に3か所でワークショップと公演を行うという、非常にサディスティックなスケジュールをお世話して頂いた、

シアトル事務所のYさんにも感謝の気持ちで一杯です。

おかげ様で強くなれました(笑)

 

そのお二人と。

 

オリンピアの皆さんと。

 

さて、それではその後のことはまた後日に書きます。

実は帰国してぶっ倒れてしまうのでしたっ!!

 

続く〜

 

2016.08.23 Tuesday

Summer is coming

西日本は大雨に警戒。

九州はまたも大変なことになっています。どうかお気をつけて。
 

 

先週末は、梅雨明けした沖縄へ。

暑かったぞ〜。

英哲風雲の会として、師匠と共に沖縄県立武道館にて「大琉球神楽・和恩」に

出演させて頂きました。

内容は、なかなかありえへん組み合わせ(太鼓とベリーダンス)があったり、

太鼓からハードロックへつながったりと、ふり幅が半端ない演出でしたが、それはそれである意味面白い。

 

(英哲チームの舞台監督が舞台横から盗撮してくれました)

 

仕込み日は、飛行機降りて、まさかの30分後にはリハ開始というところから始まり、

その後も場当たり稽古やゲネプロといった具合で、拘束時間も長く、なかなか大変な現場であったが、

前述したように、面白い現場であった。

夜しか沖縄を満喫できなかったので、〆のステーキを2夜連続で頂きました〜。

 

オリオンビールと共に。

 

 

沖縄からそのまま東京へ。

 

空いた時間を利用して、両国にある江戸東京博物館へ行きました。

日本史好きを公言してますが、ここへは初めて。

にしてもデカい。

3時間いましたけど、結局全部はしっかりと見れなかった。

 

江戸に限ったことではないが、重機のない時代に

城を造り、街を創るという作業をにエッサホイサとやってのけるという先人たち。

きっと作業中に亡くなった人はかなりいると思いますが、

山を切り崩し、埋め立て地を造り、大きな川を切り崩し、人口の川をひいてしまう。

昔の人は本当に偉かったと思います。

 

今は恐ろしく便利な時代ですが、太鼓という超がつくほどアナログな楽器を演奏しているワタシ。

普段はスマホもいじっていますが、2本のバチを振り、大事なものを見落とさないようにしないとあきません。

 

今週末は香川公演。そして来週からはアメリカへ。帰ってきたら間髪入れずに石川でエクスタジア。

実はその間に太鼓教室もあり。。。

 

夏はそこまで来ています。

NASAの発表では、日本は恐ろしく熱くなるという予報が…。なぜNASAが…。

 

さあ、もうすぐ気合いの夏が始まります!

ちなみに、8月21日のコンサートは残席が少なくなってきました!

お買い求めはお早めにお願い致します!

 

 

 

2016.06.30 Thursday